【喘息@情報館】 -症状・原因・治療・小児-

【喘息・基礎知識編】喘息の症状

喘息の症状について見ていきたいと思います。喘息の症状と言うのは大きく分けて4つに分かれているのです。即時型反応、遅発型反応、慢性化、リモデリングという4つに分かれているのです。

即時型反応から見ていきます。即時型反応は、アレルゲンなどによって引き起こしてしまうのが最初になります。アレルゲンと言うのは、ホコリやダニ、カビ、花粉、ペットの毛などが挙げられるでしょう。そういったアレルゲンによって、即時型反応が引き起こしてしまうのです。気道の平滑筋が収縮してしまって、息苦しくなってしまったのです。そうなる事で、筋肉が痙攣してしまうのです。即時型反応と言うのは1時間ほどで治まると考えられています。

遅発型反応というのは、アレルゲンを吸ってから3時間から8時間ほど経過してから起こってしまうのです。遅発型炎症を引き起こしてしまう原因は、化学物質が放出される事で遅くなってしまうのです。化学物質が気道の粘膜に炎症を引き起こしてしまうことで、遅発型反応を発生させてしまうようになります。

慢性化になってしまうと、即時型反応、遅発型反応を引き起こしてしまうようになります。慢性型喘息になってしまうと考えられます。

そして、リモデリングになってしまうと気道の状態が元に戻らなくなってしまうのです。この状態にまで喘息が悪化してしまったら、治療が難しくなってしまうでしょう。一生喘息を患ってしまう可能性も否定できません。喘息になったら早期に治療を行っていく事が重要であると言う言葉は良く聞くと思います。喘息になった人は、早期に治療を行っていく事を考えていかなければいけないのです。そうしなければ、喘息は治らないという可能性もあるのです。早期発見・早期治療を行っていきましょう。

■喘息治療法

1位川井式喘息改善エクササイズ
2位4週間で結果を出す!!喘息の根本的克服法
3位薬も止められる 自宅喘息療法


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 【喘息@情報館】 -症状・原因・治療・小児- All Rights Reserved.