【喘息@情報館】 -症状・原因・治療・小児-

【喘息・基礎知識編】喘鳴について

喘息になった人には、色々な症状があるという事を知っておきましょう。喘息というのは、知っている人は多いですが、どういった病気なのか?という事を知っている人は少ないというのが現状になります。喘息ついてよく知るということは、非常に必要になってくるという事になるでしょう。

喘息には、喘鳴というのがあるのです。喘鳴というのは、のどの部分がぜーぜーとなる事を言います。喘息になった人で、喘鳴になっている人が多いと考えられます。喘鳴というのは、喘息の特徴であると考えられています。喘鳴になる原因というのは、空気の通り道が炎症を起こしてしまっているためであると言えるでしょう。

喘鳴というのは、喘息と関係のないときにでも起こってしまいます。喘息ではない時に、喘鳴が起こってしまうのは、風邪を引いた時になります。大人では風邪を引いた時に喘鳴が起こるということは少ないですが、子供の場合には気管支が細いので起こってしまうという可能性もあります。風邪を引いてしまった時に、ぜーぜーとなるから喘息になってしまったというわけではありません。

その他にも、気管支に異物が入り込んでしまった時にも起こってしまうのです。気道が細くなってしまった時にでも喘鳴は起こってしまうのです。喘鳴になってしまったからと言って喘息になってしまったと決め付けてしまうのは避けましょう。

喘鳴が起こってしまっているのは、気管支が炎症を起こってしまっているからなのです。初期の頃には、喘鳴が起こるという事は少ないと言っていいでしょう。症状が進行して決まってしまうと喘息の発作が起こってしまうと、喘鳴がとまらなくなってしまうと言う事もあるでしょう。

薬で気管支を広げると喘鳴は収まります。ですが、気管支の炎症を取り除かない事には喘鳴の症状は改善されないでしょう。


■喘息治療法

1位川井式喘息改善エクササイズ
2位4週間で結果を出す!!喘息の根本的克服法
3位薬も止められる 自宅喘息療法


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 【喘息@情報館】 -症状・原因・治療・小児- All Rights Reserved.