【喘息@情報館】 -症状・原因・治療・小児-

【喘息・検査編】検査について

喘息の病気は、せきが止まらなかったりする病気になります。息苦しかったり、ぜーぜーと言うように呼吸をしてしまっていると喘息の可能性が高いと言えるでしょう。ですが、一概にせきが止まらなかったら喘息であるとは言えないのです。喘息に似ている病気は多く存在しているからです。医師でも判断をすることが難しいのが喘息になります。その為、喘息と決め付ける前に必ず検査を行っていくことになります。

最初に行っていく検査は、問診になります。問診によって、喘息の症状が出ているのか?などを医師が判断していくのです。どのくらいから症状が出始めているのか?発作の間隔はどれくらいか?犬や猫などのペットを飼っているのか?などの問診で医師は喘息かどうかを判断していく形になります。

そして次に、呼吸機能検査を行っていきます。呼吸機能検査で、喘息であるか?を判断する事が可能な場合があります。スパイロメトリー、気道過敏性試験などによって、呼吸機能の低下を測定していく事が出来るのです。呼吸機能が低下していると喘息である可能性が高くなってくるのです。たんなどによって検査を行っていくこともあります。たんが白い場合には、喘息の可能性が高いのです。逆に黄色っぽいたんが出ているという人は、他の病気の可能性もあります。

アレルギー型の喘息と判断された場合には、アレルゲンを調べていく事もあります。皮膚テストや血液検査を行ってアレルゲンを特定していきます。日本人の多くはダニなどが影響で喘息になっている事が多いのです。

上記の3つの検査によって喘息の検査を行っていく事になります。必ずしも喘息であると判断できると言うわけではないので他の検査を行っていくと言う場合も有りますが、たいていの場合は3つの検査によって分かってきます。


■喘息治療法

1位川井式喘息改善エクササイズ
2位4週間で結果を出す!!喘息の根本的克服法
3位薬も止められる 自宅喘息療法


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 【喘息@情報館】 -症状・原因・治療・小児- All Rights Reserved.