【喘息@情報館】 -症状・原因・治療・小児-

【喘息・検査編】呼吸機能検査

喘息かどうか?を調べるためには色々な方法をとっていきます。喘息は、判断する事が難しい病気なのです。その為、喘息かどうか?をしっかりと調べていくことが重要になってきます。喘息の検査の1つとして挙げられるのが、呼吸機能の検査になります。呼吸機能の検査には3つあります。気道過敏性試験、スパイロメトリー、血圧ガス分析の3つになります。

気道過敏性試験は、人為的に喘息を引き起こすのです。喘息を引き起こすことで、呼吸機能のテストを行っていきます。アセチルコリン、ヒスタミンなどの薬を吸わせる事ではく力が弱くなっていくか?と言う事をしらべていきます。体の調子が悪い時には、気道過敏性試験は行っていきません。

スパイロメトリーは、肺機能を調べる検査になってきます。息を吐くことで肺の機能を見ていきます。マウスピースを加えて息をはくという検査になります。自分で肺の機能を調べる機械もあります。ピーフロメーターという簡易なもので自分で調べていく事も出来るのです。

血圧ガス分析とは、喘息になってしまうと発作が起こってしまうことは知っていると思います。発作が起こってしまうと、酸素の取り込みが悪くなったり、体内の酸素が低下してしまうのです。酸素を測定していくのが血圧ガス分析になります。どのくらい、体内に酸素が残っているのだろうか?を調べるためには非常に有効な検査であると言えるでしょう。パルスオキシメーターを指先につけて検査を行っていく形になります。

喘息の検査は色々とありますが、呼吸機能検査によって調べることが主流であると言えるでしょう。この時点で、喘息であるかどうかが判断される事が多いと考えられています。自分は喘息だ!と思っていても勘違いである可能性もあるのです。


■喘息治療法

1位川井式喘息改善エクササイズ
2位4週間で結果を出す!!喘息の根本的克服法
3位薬も止められる 自宅喘息療法


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 【喘息@情報館】 -症状・原因・治療・小児- All Rights Reserved.