【喘息@情報館】 -症状・原因・治療・小児-

【喘息・検査編】アレルゲンの検査

喘息の原因には人それぞれあります。喘息になった人の全てが同じ原因のもとで、喘息を患ったというわけではありません。アレルギー性の喘息であると判断された場合には、アレルゲンを調べていく事をします。アレルゲンを調べて、どのアレルゲンが原因なのか?ということが分かった時にはアレルゲンを避けて生活を送っていくことが出来るので、喘息を改善していく事が出来ると言って良いでしょう。

アレルゲンの検査は5種類の検査があります。絶対に5種類の検査を行っていくと言うわけではありません。皮膚テスト・スクラッチテスト、血液検査、アレルギー吸入誘発試験、環境誘発試験、好酸球の有無の5種類になります。

皮膚テスト・スクラッチテストの場合には、アレルゲンが原因であると言うものをある程度、特定して調べていく事をします。アレルゲンエキスを皮膚に垂らして調べていく事をします。木綿針で少し引っかいて調べていく形をとります。赤くはれたり、痒くなったとしたらアレルゲンである事が分かります。

吸入誘発試験の場合には、アレルゲンを特定してエキスを吸って反応を見ることになります。アレルゲンのエキスを吸った事で、本当に発作が起こるのか?を判断していきます。反応が無い場合には、検査が終わると言うわけではありません。徐々に濃度を濃くしていって反応を見ていくのです。吸入誘発試験は、他の検査で反応が無かった場合に行っていく検査になります。

好酸級の有無を調べていくのは、白血球の好酸球を調べていく試験になります。喘息を患っている人は、白血球が多く存在しているのです。その白血球の好酸球が存在していたら、喘息を患っている可能性が高いと判断する事が出来るでしょう。


■喘息治療法

1位川井式喘息改善エクササイズ
2位4週間で結果を出す!!喘息の根本的克服法
3位薬も止められる 自宅喘息療法


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 【喘息@情報館】 -症状・原因・治療・小児- All Rights Reserved.