【喘息@情報館】 -症状・原因・治療・小児-

【喘息・検査編】たんの検査

喘息の人はたんが欲で安くなってしまうと言う傾向にあります。喘息の人のたんというのは、白っぽいのです。喘息の人には、白血球が多く含まれているたんが良く出るようになっています。喘息かどうか?という検査にはたんの検査が有効になってくると言えるでしょう。喘息の検査には、たんを調べることが多く行われているのです。

喘息の発作が強くなってくるにつれて、たんの量が増えてくると言う事になります。たんの量が増えてくると、気管支からたんが出にくくなってしまいます。そうなってしまうと、呼吸困難にもなってしまうでしょう。気管支が詰まってしまう場合には、気管支からたんを取り除く治療が行われることもあるでしょう。

たんに白血球が増えてしまっているのは、気管支が炎症を起こしてしまっているので免疫が働いて白血球が増えるのです。たんの中に白血球が多くなればなるほど、喘息の症状は悪化してしまっていると言えるのです。この点から分かるように、たんの検査と言うのは喘息の状態を知る上で非常に有効であると言えるでしょう。

喘息の人は、白血球のほかにも好中球も多くあると言う傾向があるのです。どうして、好中球まで見られるのかと言いますと、気管支の炎症が影響してしまっているのです。気管支が炎症を起こしてしまっている事で、気道の細胞が剥がれ落ちてしまいます。剥がれ落ちる事で、たんの中に好中球が多く見られてしまうのです。

普通の喘息と言う場合には、純粋に白っぽいたんが出るのです。ですが、黄色っぽいたんが出ていると言う人は、他の病気を併発し待っている可能性があるでしょう。細菌性の影響によってたんが黄色くなってしまうのです。たんを調べるのは、他の病気を併発していないか?という検査も行っている事になります。


■喘息治療法

1位川井式喘息改善エクササイズ
2位4週間で結果を出す!!喘息の根本的克服法
3位薬も止められる 自宅喘息療法


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 【喘息@情報館】 -症状・原因・治療・小児- All Rights Reserved.