【喘息@情報館】 -症状・原因・治療・小児-

【喘息・治療編】薬物療法

薬物療法は、喘息の治療の上で最も基本的なものであると言えるでしょう。喘息の治療では、薬物療法は取りたくないと思っている人もいるでしょうが、喘息には薬物療法は欠かせないと言っても良いでしょう。喘息では薬物療法は、絶対なのです。アレルゲンを避けると言う事だけでも、喘息に効果はあります。喘息の症状を回復する事が出来ますが、ほとんどの場合、回復すると言うのは厳しいのが現状になります。

喘息の発作を繰り返してしまっていると、慢性化してしまうのです。慢性化してしまうと元に戻らないことが多くなってしまいます。慢性化してしまった喘息は、慢性化喘息と呼びます。慢性化してしまった喘息は、リモデリングした気道になります。子供の場合には、喘息が良くなってくると気道も良くなってきます。ですが、年齢を重ねるごとに気道は良くならないのです。50代〜60代で喘息が発症してしまったら、元に戻らなくなってしまうことが多いのです。

喘息の原因は、気管支が炎症を引き起こしてしまっているからだと言えるでしょう。昔は、気管支が炎症を起こしてしまっているというのが分からなかったのです。気管支を広げる治療を行っていくのが、喘息の治療だったのです。今では、炎症を起こしてしまっていることが分かっているので、炎症止めの薬を使用するようになっています。

薬には色々な種類があります。内服薬、吸入薬、貼付薬、注射薬などの種類の薬が服用されるでしょう。薬には基本的には、長期管理薬と発作治療薬の2種類に分かれます。どのような薬を服用していくかは、医師との相談によって決まってくるでしょう。人によって喘息の症状や経過と言うのは異なってくるので一概に治療方法は言う事が出来ないのです。


■喘息治療法

1位川井式喘息改善エクササイズ
2位4週間で結果を出す!!喘息の根本的克服法
3位薬も止められる 自宅喘息療法


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 【喘息@情報館】 -症状・原因・治療・小児- All Rights Reserved.