【喘息@情報館】 -症状・原因・治療・小児-

【喘息と日常生活】アレルゲン

喘息の原因は人によって異なってきます。アレルギーなどの場合で、喘息を引き起こしてしまっているという人も居るでしょう。中にはアレルゲンが原因で喘息を引き起こしてしまっている場合もあるのです。アレルゲンと言うものについて見ていきたいと思います。

アトピー型の喘息の場合には、アレルゲンを回避していく事が重要になってくるでしょう。アレルゲンを回避する事で、喘息を抑えていく事が出来るのです。アレルゲンには色々な種類があります。アレルゲンを大きく分けると、2種類に分かれてきます。吸入性アレルゲン、食物性アレルゲンの2種類になるでしょう。大人の人の場合には、アレルゲンが特定できないとも言われています。

吸入性のアレルゲンについて見ていきましょう。吸入性のアレルゲンは、ダニなどが挙げられます。チリダニ、コナダニ、ツメダニ。ハウスダストが影響している場合もあります。ハウスダストと言うのは、室内のホコリになります。昆虫によるアレルゲンは、蝶、蛾、トビケラ、ユスカリ。カビによるアレルゲンは、アスペルギルス、アルテルナリア、カンジダ、クラドスポリウム、ペニシリウム。動物の場合は猫の毛や犬の毛。花粉はスギ、ブタクサ、カモガヤなどが挙げられます。

食物性のアレルゲンについて見ていきたいと思います。食物性のアレルゲンと言うのは、比較的に少ないと考えられているのです。ですが、もしかしたら食物性のアレルゲンが原因である可能性は否定できないでしょう。牛乳、鶏肉、牛肉、さば、まぐろ、そば粉、小麦粉、大豆、鳥、魚などが食物性のアレルゲンとして挙げられます。

アレルゲンの免疫を付ける為の減感療法などを取られていましたが、今では行われるという事は少なくなってきています。


■喘息治療法

1位川井式喘息改善エクササイズ
2位4週間で結果を出す!!喘息の根本的克服法
3位薬も止められる 自宅喘息療法


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 【喘息@情報館】 -症状・原因・治療・小児- All Rights Reserved.